中国圏出張の味方!MOBELLの評判と料金は?シュミレーションしてみましょう。

携帯かける男.jpg
「MOBELL」って聞いたことありますか?あんまりありませんか?
最近海外旅行や海外出張に行かれる方、また会社にとっても便利な携帯電話として、話題になっているんです。
それはなぜか。
大手キャリアの海外ローミングよりも安い!
通話料三分の一.jpg
そう、圧倒的に通話料が安いからなんです。たとえば、中国では日本と違って電話を受ける方もお金がかかります。それが一分50円。なんとドコモやソフトバンクの3分の一の値段なんですね。
かける方も断然安いのが分かりますよね。
そしていろんな国に行っても番号を変えずに、そのまま行ける!その便利性も人気の秘密です。
一年で何回も海外旅行へ行く方、また海外出張の多い会社にはとってもお勧めです!
こんな「MOBELL」ですが、そもそもどんなサービスなんでしょうか?そして実際に使うとどれくらいお得になるんでしょうか?詳しく紹介していきます!
①MOBELLってなに?どんなサービスなの?
1-1MOBELLは
1-2MOBELLの料金体系は?
1-3携帯本体料金は別に払う必要あり
②MOBELLを使うとどうなる?料金シュミレーション!
2-1 中国への出張が年に5回くらいの山田さんの場合
2-2 大手キャリアの国際ローミングと比べると?
2-2 もっているシムフリーのスマホにアジアSIMを挿してつかう場合
③MOBELLの評判、実際に使った人の声を聴いてみてください
 3-1  やはり、ポストペイドの電話を持っているといいですねぇ 中村 安夫さん
 3-2 「どこでも使える!いつでも使える!」という安心感 大野 百世さん
 
①MOBELLってなに?どんなサービスなの?
携帯1.jpg
MOBELLとは、世界中で使える携帯電話サービスのことです。
たとえば日本ではソフトバンクやドコモ、AUなどが大手のキャリアとして有名ですよね。最近では、ワイモバイルとかMINEOといった格安シムの会社も出てきてます。
でもそれらの会社はどれも日本で国内でのインターネットやメール、電話のためのものです。もし海外で使おうとする十使えないこともないですが、料金が国内に比べて何倍も高くなります。それは国をまたいで使うことが特別な状況だからです。
しかし!このMOBELLという会社は、国をまたいで使うことを前提にサービスを展開しているんです。なんと視野がでかい!
地球儀.jpg
ですから、もちろん日本で外国の人と連絡をとるのに使うこともできますし、海外旅行へ行ったときにも番号を変えずにそのまま使うことができるんです。面倒な手続きは一切ありません。
グローバル社会を迎えた今、仕事や旅行で外国に行く機会も増えたんじゃないでしょうか?しかも同時に何か国も行く人も多いですよね。国が変わるたびにその国の携帯をレンタルしたり、シムカードを買う、という手間が省ける素晴らしいサービスです。便利すぎる。。。
MOBELLの料金体系は?
世界携帯とアジア限定の携帯、とサービスが分かれているわけですが、、基本的に必要な出費は二つだけ。使用料と年一回の更新料。ここではアジアで使う方向けのサービスを紹介します。
中国携帯料金表.png
スクリーンショット (264).png
これが料金体系です。
通話料は使った分だけ。使った分が後で請求されるということです。わかりやすくていいですよね。
プラス年間更新料が、二年目以降8100円かかります。でも月額の基本料金がタダなのはびっくりですね。
そして、注意点ですが、これはデータ通信のないプランです。データ通信とは簡単に言えば、インターネットを使うこと。だから、通話とメールのやり取りのみのプランというわけですね。特に出張に行かれる人たちは緊急時の電話とメールができれば十分という人も多いのではないでしょうか?そういう方にはこれで十分ですよね。
netも使いたいという人はまた全世界共通携帯を使うことになると思います。世界どこへ行っても使えちゃう、「ワールドプラスSIM」に興味のある方はココをごらんください。
⇒「ヨーロッパを中心に世界100か国以上で、高速4G LTEデータ通信!通話も高品質!」
携帯本体料金は別に払う必要あり
大手キャリアでは、毎月の基本料、通信料と携帯電話の機種代をプラスして払いますよね。
しかしMOBELLは違います。まず最初に機種代を購入して、それで終わりです。そのあとは通話料だけを払えばいい、というなんともシンプルなスタイル。
シンプルでわかりやすくていいですよね。
24回の分割払いにして2年使わないといけないとか、そんなものもありません。一回携帯本体を買ってしまえばそれで終わりなんですよ。
アジア専用携帯が一生あなたのものになります!
②MOBELL料金シュミレーション!
ここでは、MOBELLを購入、そして使用するのに、どれほどお金がかかるかをシュミレーションしてみたいと思います。
例えば、
中国出張が多い。山田さんの場合。
Aさん:私は、出張のための携帯として、通話とメールだけしかしないですから、一番安いのでいいかな。一回の出張で通話が中国国内でトータルで1時間くらいでしょうか。自分でかけるのとかかってくるのとでは半々くらいかな、、、あと緊急の用事で日本の担当者や家族にかける電話も30分ほどありますね、、出張は一年で5回ほど行きます。
と語る日本の貿易関係の仕事をされている山田さん。一体MOBELLを使うのにいくらかかるんでしょうか?
まずは初期費用!
携帯本体とシムカードのセットです。最安のでいいということなので、「ブルーゾーイ 2.4 3G+アジアSIMカード」を購入です。これで
①13986円
ただいまキャンペーン中で送料が無料なんですね。
そしてあとは通話料だけ。
一回の出張で、かけるのとかかってくるのが半々くらいでトータル1時間。とすると通話料は?
通話料(かける)    50円×30分=1500円
通話料(かかってくる) 50円×30分=1500円
日本への通話料   100円×30分=3000円
合計 6000円   これが一回の出張にかかる費用ですね。
これが年に5回あるとすると、合計②30000円ですね。
そして①と②を足すと13986円+30000円=43986円
これが山田さんが一年目にかかる携帯料金です。
43986円と聞くと、え、けっこう高いじゃん!?と思われますか?しかし考えてみてください。これをドコモやソフトバンクの国際ローミングでやるとどうなるか!?
大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク AU)の携帯で同じだけやるとどうなるのでしょうか?
携帯の機種代はかかりませんね。だから安くなる気がします。
通話料は?
通話料(かける)    75円×30分=2250円
通話料(かかってくる) 145円×30分=4350円
日本への通話料    175円×30分=5250円
合計11850円
これが出張一回分です。5回行くと、、
一年で、59250円!!!たかっ!!
MOBELLを使えば?43986円ですんじゃいます。その差15264円!
これだけあれば、中国元で1000元弱、麻婆豆腐100杯食べれちゃいますよ!山田さんの喜ぶ顔が目に浮かぶようです(笑)
これは一年目の値段で、二年目は更新料8100円だけで機種代がいらなくなるのでお得感はさらにアップしますよ。また、今回はドコモと比べていますが、ソフトバンク、AUの国際電話の料金はほとんど一緒なのでこの差はどこを使っても一緒です。参考にして下さい。
山田さんが自分のシムフリースマホにアジアSIMを挿して使った場合
先ほどの山田さんがもしシムフリー携帯を持っていたら、わざわざ携帯本体を買う必要はありません。アジアSIMだけを買って今のシムと差し替えればすぐ使えるようになるんです。そしたらもっとお得です。
携帯機種とのセット代13986円が9990円になるので、さらに3996円安くなって、一年で39990円!4万円を切ってしまいました。。
これを大手キャリアの携帯と比べると、その差は19260円です。もうほぼ20000円ですね。
いかがでしょうか?アジアへの特に中国への出張が多い方には本当にお得なMOBELLのアジア携帯、そしてその携帯が一生あなたのものになる!会社名義で一台あっても全然アリですよね。お勧めです!
お得にアジア出張、アジア旅行を楽しんでください!
MOBELLの評価、評判
MOBELLの評判はどのようなものなのでしょうか?実際に使った人の声を聴いてみてください
やはり、ポストペイドの電話を持っているといいですねぇ 中村 安夫さん
モベルの海外携帯を利用した国: 中国(上海・広州)
最近よくいくようになった海外出張ですが、現地のプリペイドSIMを購入し利用することが多くありました。
しかし、プリペイドなんで、チャージが切れた場合つながらなくなります。その際に、近くにコンビニ等があればいいのですが、ない場合悲惨です。ライフラインの電話がつながらない事態に・・・。
お客さま先でチャージがきれてしまい、電話が日本からつながらなくて大騒ぎになったことがあります。その時の最後の砦がモベルです。これですと切れる心配がないので、お守り代わりにつかっています。
また先日、空港で待ち合わせの際に、待ち合わせの方を見つけられずこまりました。現地SIM購入前です。でもモベルがあったおかげでつながり一安心。事なきを得ました。
やはり、ポストペイドの電話を持っているといいですねぇ。
「どこでも使える!いつでも使える!」という安心感 大野 百世さん
モベルの海外携帯を利用した国: 中国(北京)
アンロックの携帯電話を持っておりましたので、今までは、プリペイドのSIMカードを現地や通信販売(米国アマゾンなど)で購入していましたが、有効期限があったり、使うたびにアクティベーションが必要だったりして面倒でした。
長期の個人旅行は年に1〜2回ですので、多少通話料が高くついても、番号が不変で、アクチベーションが不要、しかも料金後払いのモベルを重宝に思い、このたび購入いたしました。
幸い携帯電話がデュアルSIM方式ですので、1枚はモベルを装着して「どこでも使える!いつでも使える!」という安心感をもつことができました。北京で初めて使いましたが、音質も良く満足しています。
電話番号不変ですので、これからは海外に行く毎に、家族に携帯番号を連絡するまでもなく緊急連絡が可能になりました。
なるほど。
◆チャージが必要じゃない
◆緊急時に仕えなくなる心配がない
◆国が変わるたびにSIMを変えたり、使うたびにアクティベーションしたり、などの面倒がなくなる
◆いつでもどこでも使える安心感
MOBELLのそんなところが魅力なんですよね。
仕事でも休暇でもMOBELLを使ってよかったという人が大勢います。
まとめ
MOBELLについてながながとおしゃべりしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
なんだか出張の電話代が安くなりそうだぞ、なんて役に立ちそうだと思った方がいてくれたら嬉しく思います。
でも申し込むのが難しいんじゃないの?とか思っておられますか?そんな心配はいりません。こちらで申し込み方法は詳しく説明していますので、どうぞご覧ください。
⇒MOBELLはどう使うの?申し込むから使い方、解約の仕方まで

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする