いろんな食感の豆腐が美味!「七品 香豆腐」

「七品 香豆腐」     エリア:シャオジャイ
お勧め度  ★★★☆☆

七品3.JPG

西安の若者が集まる、市内でも代表的なショッピングスポットの地下2階にあるお店です。
主に、りゃんぴーや臭豆腐などを特色とするお店みたいです。
メニューはこんな感じ。

七品2.JPG

七品1.JPG

比較的リーズナブルなものが多いですね。このあたりのお店は10元以上するのでちょっと安めな感じです。

今回は友達の勧めで、臭豆腐はやめて凉皮(リャンピー)と日本の広東煮のようなちくわのような物を食べてきました。

リャンピーはこんな感じです。

七品4.JPG

ここのやつは、リャンピーの中でもガンミエンピーという種類のものです。
どこのお店でもそうですが、油がしっかりとかかっていましたね。

まぜまぜしていただきます。
うーん

歯ごたえがモチモチというよりは、しっかりとした感じでした。

輪ゴムがちょっと柔らかくなった感じでしょうか?( ;∀;)なんかぜんぜんおいしい表現じゃないのが申し訳ないですが、、、

でも思ったよりもおいしいと思います。

味付けは、油と塩と鶏ガラスープと唐辛子とお酢。お酢の酸味がさわやかで、結構箸は進みます。

凉皮(リャンピー)はこの地方の名物なのでぜひとも一口は食べていただきたいです。でも一人一つはいらないと思います。友達と一個を分け分けしてまずは食べてみてください。
おいしかったら今度は一人分をがっつりいっちゃうのもアリ。

<スポンサーリンク>



今度はこちらで言う串で刺さった「広東煮」をいただきます。こんな感じ

七品5.JPG

こちらの若者は、この「広東煮」を買い食いするのが大好きです。
こちらの商品名は「豆腐家族」。面白いネーミングですね。
なるほど、いろんな形をしていますが、ウズラの卵以外は、大豆か小麦粉が原料でできているみたいです。

5種類入って値段は10元(160円)でした。

これも結構辛そうですね~。ではいただきます。
うん、この四角いのはけっこうおいしいです。
モチモチした食感で、魚ののすり身が入ってますね。うん、イケるイケる。
お次は四角いのを行きましょう。
うーん、これはまた面白い。お肉みたいな触感です。あれですね。日本でも大豆でできた肉ってありますよね。お肉がアレルギーとかで食べれない人でもOKっていうあれ。まさにあれです。
へー中国風に味付けすると感な感じになるんだなー。
ほかの三つも友達と二人で分けっこして食べました。
フワフワな豆腐、中が何層にもなっている不思議食感の豆腐。そしてうづらの卵。
味付けは全部一緒なのに、食感がすべて違うだけでこうも感じ方って変わるんですね~。
うんうん、面白い食体験がでしたよ。
最後にお口をティッシュでキュキュット拭いて、、、(これはこっちの習慣で、料理に油が多いので、食事後は口の周りがべとっとしてるんです。)
「ごちそうさまでした!」
いやー、見た感じ少なそうに見えたけど、結構おなかがいっぱいになった。満足満足。
今夜のご飯は凉皮(リャンピー)と広東煮でした。
幸せ幸せ(^^♪
店舗情報、評価 「七品 香豆腐」
おすすめ度:★★★☆☆
西安の名物料理「凉皮」の中でも特に歯ごたえがある「擀面皮(がんみえんぴー)」という種類のものが食べられるお店です。いろんな種類のおでんのような豆腐のような食品もお勧めの一つ。西安の地元の味が楽しみたい人にはぜひ行ってもらいたいです。初めての人にはちょっとレベルが高いかもしれませんが、勇気のある旅人の皆さんなら行けちゃうと思いますよ。私は結構好きです。
エリア:小寨(シャオジャイ)
アクセス:地下鉄2号線「小寨(シャオジャイ)駅を降りたら、すぐSAGAデパートに直結しています。歩いて3分。
小寨赛格购物中心.jpg

↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする