西安ツアーでは行けない穴場な観光名所ランキング・ベスト6!

おばあちゃん.jpg
出典:タダピク

西安の観光スポットといえばどこを思い浮かべますか?

まずはやっぱり「兵馬俑」「華清池」
そして「鐘楼」「鼓楼」と「回族街」そして「城壁」でサイクリング。
「大雁塔」「小雁塔」そして「碑林博物館」など
大体そんなとこですよね。

もちろん、こういう有名なスポットは行く価値があります。
兵馬俑は世界遺産だし、城壁でサイクリングするのは、本当に気持ちがいいです。
大雁塔の噴水も見ごたえがあるし、歴史が好きな人は個性的にあ寺院や日本にゆかりのある寺院もいくつかあるのでどこへ行っても楽しいでしょう。

でもちょっと待ってください。

そういうのってどれも歴史の、悪い言い方をすれば過去の産物ですよね。
昔に作られた石、建物などは長い年月をかけて現代まで保たれてきたものでもちろん貴重ですが、すべては過去のものです。

みなさんは、いま現在の中国・西安の文化や人々の生活に興味はないでしょうか。

地元の人たちの生活を感じ
中国人のパワーに触れ
どこか懐かしさも感じる光景に癒される

そんな体験をしたくはないですか?

興味がある!と思われた方におすすめの地元の文化や人々の生活を体感できる穴場スポット6選をご紹介したいと思います。
なかなかツアーでは回れない穴場スポットばかりですのでぜひ参考にしてください。

ツアーでは連れてってくれない!おすすめの名所ベスト6

①朝の公園

IMG_6434.JPG
西安の公園に朝行くとスーパーおじいちゃん、スーパーおばあちゃんに出会える。こちらのお年寄りたちは、毎朝運動をしに公園に出てくるのだ。卓球、太極拳、鉄棒、ダンスなどなど、それぞれが思い思いの運動をしている。はたから見るとそれはまさに中国雑技団のそれだ。
ぜひその目で見、実際に加わることもできるので体験していただきたい。
朝の公園レビューはココをごらんください。

②夜の広場

広場というのはいろんな定義がある。デパートの前に広くなっている場所や公園などがあげられる。
そこは昼間はただの広場。しかし夜になると景色は一変する。
公開カラオケ大会が行われたり、大舞踏集団がそこで舞踏会を始めるのだ。

夜の広場のレビューはココをごらんください。

③市場

IMG_6420.JPG
西安市民の皆さんの生活にじかに触れることができるのが、ココ「野菜市場」です。
とても活気と熱気があってこちらも見ているだけでパワーをもらえそう。
野菜、果物、肉、魚などすべての食材がそろっている。
生きたままの鶏がいて、指名すると裏で絞めてくれるので、時々断末魔が聞こえます。そんな生の西安市民の生活をじかに見ることができます。

④スーパーマーケット

西安市民の皆さんの生活に触れられるもう一つのスポットがここ、スーパーマーケット。中国語では「超市」とよばれています。そのままですよね。
食料品や電化製品、日用雑貨まで、生活に関するすべてがここで買えます。
日本では売られていないようなものがいろいろあって、見るだけでもとても興味深い物がいっぱい。
おすすめの楽しみ方はいろいろありますが、その一つは「変な日本語探し」です。
日本製品のように売られているけどなんか変!という品物が売られていて、明らかに間違った翻訳をされているものがあって、わらえますよ。
もひとつは、中国の服のセンスです。日本にはなかなかない、なんか知らないけどキラキラしたものがくっついてる服が多いです。そんな文化の違いも感じることができてお勧めです。

⑤村子(ツンズ)

これは、広い中国の中でも西安に独特なものであるといってもいいです。他の中国の都市ではあまり見たことがありません。そして今西安でもどんどんなくなりつつあって、あと5年後には完全になくなってしまっているかもしれないので、次回の旅行の際にはぜひ行っていただきたいです。

「村子(ツンズ)」とよばれるこの場所は、どういうところか。

いままで西安では大きな村がいくつもありました。大体5~6階建ての低い建物にいろんな人がすんていて、ごちゃごちゃした感じです。日本の漁師町のような雰囲気もちょっとします。そこでたくさんの人が暮らしていたんですが、都市計画により、その村の古い建物が壊されて、どんどんと大きなビルが建設されていくようになります。そうしていくうちに大都市ビル群の隙間に取り残された村の一部がまだ残っているところがあるんですね。それが都市の中の村、「村子(ツンズ)」です。

「村子」には今でもまだたくさんの人たちが住んでいて、生活を送っています。フィリピンのスラム街のようなにおいもしながら、それでいて古き良き中国の農村の雰囲気を実感できるので素晴らしいです。大都市のすさんだ雰囲気とは違う、もっとこう「純粋で生命力にあふれた」人たちが住んでいるのです。

この感じは言葉ではなかなかいい表すことができないので、皆さんにぜひその目で見て頂きたいです。

⑥ゲームセンター

【マニアックスポット】

私ぺキチンが個人的に最近気に入っているのが、ここ「ゲームセンター」です。
ここでは一昔前の懐かしいゲームとそれを遊ぶ懐かしい光景にであえます。
「ダンスダンスエボリューション」はこちらで大人気でいつも人だかりができています。遊んでいる人とそれを鑑賞する人。みんなが楽しそうでそれを見てこっちまで楽しくなっちゃいます。

さらにこちらでは「ザ・キングオブファイターズ98」が現役で遊ばれているのを発見!そこに群がる人たちは、まさに達人のレベルに達した人から、明らかに初心者のような人までいろいろ。突然向かいの席の達人から勝負を挑まれてコテンパンにやられているのを見ました。可哀そうに。笑
場所によっては、偽物どらえもんやキティーちゃんのUFOキャッチャーのようなココでしか体験できないゲームマシンもあります。

一昔前にタイムスリップしたような感覚を楽しめる「西安のゲームセンター」。

おすすめです!

〇まとめ

いかがでしたか?
今の西安の人々の生活をじかに体感できる穴場スポット6選をご紹介しました。

私ぺキチンはどれも大好きで、行くたびに日本では見ることのできないびっくりする光景に出くわしたりして、ビンビン刺激を受けることができます。
どれもパワーにあふれ、「生きている」素晴らしさを実感できる場所です。さらに世界中で起こっている格差社会について考えさせられたリ、自分の悩みのちっぽけさに気づいたり、今の生活に感謝の気持ちを持てたりと、いろいろ考えるきっかけにもなっています。

「旅」の醍醐味ってそういうのもありますよね。

次回西安に来られた時には、みなさんもぜひ行ってみてください。

ぺキチン


目次に戻る

<スポンサーリンク>



関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする