上海と寧波で観光~④「新天地」と「もっとおもしろいところ」

お腹も満たされ、のんびり休んでたら、あっという間にお昼を過ぎてしまいました。でもおかげでだいぶ列車の旅の疲れも癒えました。簡単に昼食を食べてから、早速観光へ出発です。
目的地は、かねてから行ってみたかった「新天地」!有名な観光スポットですよね
地下鉄でちょちょっといったところにありました!
「新天地」までちょちょっとした行き方はこちらのサイトで分かりやすく説明されてます。
http://www.shanghainavi.com/miru/7/ 「上海ナビ」
IMG_6972.JPG
フランス租界の街並みを再現したとあって、さすがのおしゃれ感!どこを撮っても絵になる!すごいですね。
IMG_6974.JPG
欧米人などの外国から来た人たちも多く、中国であることを忘れちゃうくらいです。
そして時々聞こえてくる日本語にもちょっとドキッとします。
「あっ、日本人がいる!」
そんなことは上海では当たり前みたいですが、西安に住む私にとってはとても新鮮。西安を歩いていて街中で突然日本人に合うことなんてめったにないですからね。
そんなこんなでおしゃれな街並みといっぱい写真を撮って楽しみました。
<スポンサーリンク>




すると上海の友達が「もっとおもしろいとこ」がある!と言い出しました。
えっ、ここよりきれいなところがあるの?と半信半疑でついていきました。
それは、こちら。
IMG_20171003_155332.jpg
「巴黎公寓(バーリーゴンユー)」直訳すると「パリアパート」という意味です。
先ほどの「新天地」はフランス租界を「再現」した建物群ですが、こちらは本物のフランス租界時代の建物が残っている「旧市街」だったんです。しかもまだ住んでいる人がいる!
いやーー、これは雰囲気がある。
IMG_20171003_155402.jpg
IMG_20171003_154853.jpg
「新天地」のように洗練された感じではないのですが、歴史の長さと、本当に生活している人たちの「呼吸」とでも言いましょうか、人間の息を感じますね。
新天地もいいですが、個人的にはこちらの方が好きです。
IMG_20171003_155941.jpg
こ、これもパリコレ風!?地元民のファッションも斬新です。
うん、なんかタイムスリップしたような感覚で面白かった~!
地元の人だからこそ知っている穴場スポットなので、ぜひ上海に旅行に行かれる方は参考にしてください。
では今度は、上海のもう一つの有名スポット「豫園」に向かいます!
次回へつづく!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする