上海と寧波で観光~⑥外灘で30円夜景クルージング!

今回は上海にきたらまずここでしょう!というスポットばかりを回っています。
夜になったら、やっぱりここでしょうね。「外灘」にやってきました。
海のような人の波で頭がふらふらしていますが、最後の力を振り絞って夜景を楽しみます!
「豫園」から徒歩で10分ほど。こんなに近くにあったんですね。地理が全然わからないので、ただただ友達の後をついていくだけです。
ついに着きました!外灘!

おお~~キレイ!と写真をパシャリ!
IMG_20171003_195745.jpg
きれいさが全然伝わらない!
10分の1も伝わらない写真ですいません。ブレブレです。代わりに上手な人が撮ったであろう写真を載せておきます。こんな感じ。
②.jpg
出典:タダピク
<スポンサーリンク>




友達によると、この夜景を見ながらクルージングができるとのこと。しかも費用はたったの2元(約30円)
それは乗るしかないでしょ!ということで船乗り場に向かいます。
それにしてもここも人の多さにびっくり。
IMG_20171003_201311.jpg
国民の休日とあって人がたくさん、まさに波打っています。あ~また頭がクラリ。でもなんとか歯を食いしばって船乗り場にたどり着きました。
切符を買って(ほんとに2元でした。感動!)、改札機を通って船に乗り込みます。
IMG_20171003_201823.jpg
船はこんな感じ。
IMG_20171003_201858.jpg
ほんとわかりにくくてすいません。カメラの性能が追い付かなかったのか取り方が悪いのか、ブレブレです。
この赤いのが船です。クルージング、、、、っていうイメージとはちょっと違いますね。日本で言う海上タクシーのような感じですね。
突然、改札を通った人が船に向かって一目散に走りだしました。
またまた~、そんなに急がなくても乗れなくはならんでしょ、せっかちだな~。と思いながらゆっくりとのんきに歩いて船に乗りました。
しかし
この時はまだ何もわかっていなかった。なぜみんなが急いで船に乗ったのかを後で知ることになります。
船に乗ると一回はガラス張りでした。でもガラスが汚くて写真を撮るのは難しそうです。それで2階に上っていくと、、、
後ろ半分がデッキになっていて外に出られるのですが、もうそこは人でいっぱい。押し合いへし合いで、夜景どころではありません。
そういうことだったのか、、、
「ブ―――」
と汽笛が鳴り、船が動き出します。
せっかく来たのに、こんな船の中でただじっと待っているわけにはいかない!ということでなんとか人を押し分けて外へ出ました。
しかしそこに見えた景色は、
IMG_20171003_202233.jpg
これは腕を上にめいっぱい伸ばして撮影したものです。
実際私に見えたのはほとんど他人の後頭部でした。後頭部と後頭部の間からきれいな景色がわずかに見えます。
30円激安クルージングにはこんな落ちが待っていたとは。(;´д`)
でもこれで終わってはもったいない!帰ったら笑い話にしてやる!と思いながらみんなの後頭部をバシャバシャ写真に収めていきます。
IMG_20171003_202336.jpg
IMG_20171003_202449.jpg
いろんな後頭部を楽しむことができました。
みなさんが行く時には、改札を出たら一目散に船の2階のデッキを目指してください。そして、もしすでに人がいっぱいで外が見えなさそうだったら、もう一個あとの船を待つのも一つの方法だと思います。私たちが行ったときは、これを逃すと30分後だ!と言われたので乗りましたが、多い時はけっこうの頻度で船が出るらしいです。
まあそんなこんなでいろいろありましたが、これもいい思い出になりました。
クルージングは10分くらいだったでしょうか?押し合いへし合いの戦いもあっという間に終わり、船を降りました。なんだか息切れがします。
ふ~やっと終わった。
その後少しバスに乗って「東方明珠電視塔」いわゆる上海テレビ塔の真下まで行き、記念撮影。
IMG_20171003_205804.jpg
真下からあんぐり見上げるとやっぱり迫力がありますね~。球体を串刺しにしたような未来っぽいいで立ちが最高にかっこいいです。
国慶節だったこともあり、今日は中国レッド一色。
上海のシンボルタワーでいっぱい写真を撮った後は、そこから地下鉄に乗って、帰途につきました。
ああ~今日はすごい一日だった。
新天地-豫園-夜景クルージング-上海テレビタワーを半日で回ってしまった。
案内してくれる友達がいてほんとに助かりました。感謝感謝。
今日はふらふらなので帰ったらバタンキュウで寝たいと思います。
明日は、朝早くの列車で、浙江省の歴史ある都市「寧波」へ出発です!
次回へつづく
<スポンサーリンク>



関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする