大雁塔近くのインド料理専門店で本場のタンドリーチキンに舌鼓!

北京ダックのお店があんなことになっていたので、今回は気分を変えてインド料理を楽しみに来ました!
気になる方はこちらの記事をご覧ください。
P1000318.JPG

日曜日の夜だから人がいっぱいいるのかな~と心配ですが、意外と空いていてラッキー。

ここのお客さんは中国人よりも掘り深い系の人たちが多くて、別の国に来たみたいな雰囲気を味わえます。店員さんもインドっぽい人たちが数人ほど。

照明がオレンジ色の光のみなので雰囲気もバッチリで、デートとかにもピッタリです。実際私の友人もデートの食事にここを使っていたらしい。

まあ、そんな話はさておき、今はとにかくおなかが空いたので早速注文しちゃいましょう!

<スポンサーリンク>



ここに来たら絶対頼むのが、タンドリーチキン。そしてカレーをえびのと野菜がたっぷり入ってそうなのと2種類選んで、ナンもふつうのとバター風味の2種類。そして最後にビール。

価格は
タンドリーチキン45元
カレーもだいたい40元前後
ナンは10元くらい
ビールは12元~
でした。

ほかにもいろんなインドっぽい料理がありますが、正直まだ勇気が出ないので、結局いつもこんな感じで注文しちゃいます。

そして待つこと15分ほど。

カレーたちがやってきました!

ナンは食べやすいように3つに切ってくれています。私たちが3人だから気を利かせてくれたんでしょうか。もしそうだとしたら粋ですね。

カレーはこんな感じで出てきます。

エビカレー.jpg

イケ麺妻が大好物のエビがゴロゴロ入ったエビカレー

オクラカレー.jpg

そしてこっちは何やら謎の緑色の物体がゴロゴロ入ったカレーです。

へ~写真では、野菜がたっぷり入ってそうだったけど、これなんだろう?と思ったら、なんとオクラでした
カレーにオクラって珍しくないですか?しかもオクラメインって。

実はこういうねばねば系が少し苦手なぺキチン。

でも女性陣はオクラ大好きだって言ってる。まあ、いいか。今日は女性陣のために来ているし。楽しんでいただければ。

とか思っていると、向こうの方からジュージューといい音が聞こえてきました!そう、待ちに待った「タンドリーチキン」のご登場です。

ど~~ん!

P1000324.JPG
おおー、何度見ても迫力ありますね~。こんなにいっぱいチキンが乗ってて45元(800円)なら結構お得ですよね。

では早速タンドリーチキンからいただきま~す。

パクリ

うん、うまい。日本料理にはないこの独特な香辛料の香りが鼻を突き抜けると、気分は一気にインドへ。ピリ辛な味付けのなかにほんのりと甘さも感じます。お肉自体もジューシーで、ほど良く脂がのっています。

日本人向けに味を変えていないので、本場の味に近いはず。(中国人向けに変えているかもしれませんが(-_-;))

お次はエビカレーをいただきます。おおー、エビがごろごろ入っていますね。ナンにたっぷりのっけてガブリ!

うん、エビがフワッと香るおいしいカレーです。ぷりぷり食感がたまりませんな~。

そして最後にオクラカレー。あまり得意ではないねばねば感がカレーと合わさるとどんな感じになるんだろう。ちょっと冒険する気分です。

ではいただきます。

おおーー、うん、なるほどね。

意外にいけます、これ。

オクラの甘みがカレーのスパイシーな感じとまた絶妙なハーモニーを奏でています。ほんとにオクラがメインで、そこにカレーが絡んでいるという感じなので、とてもさっぱりした食感。ナンにつけるというよりも、これだけでどんどん食べたくなる感じです。

お次は、タンドリーチキンとカレーの組み合わせ。ダブルのスパイシーが組み合わさって、口の中でダンスを踊ります。これはおいしくないわけがない。

そしてよく冷えた青島ビールをゴクゴクゴクッ!
P1000320.JPG
プハ~~~~~!幸せ。

ふ~、たっぷりインドを堪能しました。ごちそうさま。

ここはほかにもたくさんインド料理のメニューがあるので、次回はまだ食べたことない、未知の領域にチャレンジしたいと思います。

その時はまた記事にしますのでお楽しみに!

<スポンサーリンク>



関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする