西安で刀削麺をたのんだら想像以上にうまかった!南稍门のフードコートにて

地下鉄2号線「南稍门(ナンシャオメン)駅」の近くにあるショッピングセンター「中贸广场(ジョンマオ広場)」にやってきました!
4階には手作りのものを売っているお店がたくさんあって、最近日本でも流行っているフェルトのぬいぐるみや、皮製品、木工細工、陶芸などいろんな工作が楽しめる場所です。
それぞれが教室も開いているので、試しに倣ってみるのも面白いな~とおもいながら、今日はとりあえず見るだけ。かわいいインコを飼っているところもあって、癒されました。
IMG_7217.JPG
そして、おなかが空いたので5回のフードコートへ
何にしようかな~と迷ってふらふらしていると、こんなものがありました。

<スポンサーリンク>




IMG_7216.JPG

西安名物「刀削麺君」です。最近日本の中華料理屋さんにもあったりするらしいとこの間テレビでやっていましたが、、ここ中国ではフードコートでも出会えます。

刀削麺君に会ったんならこれしかないでしょう、ということで刀削麺に決定。しかも一番上のグレードが上の「四合一」というのを頼みました。野菜が刻まれているもの、唐辛子、トマトと卵の炒め物、そしてジャージャー麺の4種類が麺の上にのった超豪華版です。

おお~見た目はとてもおいしそう。
では早速いただきま~す。

うん!これは思った以上にうまい!
油でジュワッとさせた唐辛子のいい香り
甘辛い味付けが日本人にも合うジャージャー麺のタレ
卵がフワッとしてまろやかな味になっています。

おお、これはフードコートだと思ってバカにしていたけど、今まで食べた刀削麺の中でもかなり上位に食い込んできそうな味だぞ、、そんな感じで一気に平らげてしまいました。
ふ~この胃袋にたまる感じが気持ちいい。

フードコートと侮るなかれ
今日は、おいしい刀削麺に出会えて幸せです。
ほかにもこんなものを食べました。

エビのおかゆ
P1000555.JPG
広東料理のようなブースでおかゆを注文。優しい味で癒されます。

麻辣香锅
P1000558.JPG
野菜を自分で選んでわたすと豪快に炒めてくれます。味付けは辛くないのと、3種類の辛さから選べます。今回は「微辣(ウェイラー)」といういわゆる1辛に。それでも十分辛くて、そして山椒のしびれる辛さもあって刺激的です。おお~唇がヒリヒリする。でもこれが癖になる!

3種類のごはんを堪能しておなか一杯になりました。
ごちそうさま~
<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする