日本の餃子とはすこし違った西安餃子の包み方、、、そしてお味は?

西安の地元の友達が餃子の皮から自分で作れる!ということで家で餃子パーティーをしています。これから具材をつめていきたいと思います.

皮と具材を作っている様子はこちらの記事

こちらの餃子は日本のとは少し包み方も変わっているんですね~。

手順を一個づつお見せするので、みなさんも覚えてください。

<スポンサーリンク>



1まずは皮の上に具材をのせます。
IMG_20171118_164545.jpg
2端っこをつまんでくっつけます。
IMG_20171118_164554.jpg
3両手で生地のふちを一息にギュッ!っとつぶします。ほら一緒に、ギュッ!っと

IMG_20171118_164600.jpg

4するときれいな真珠餃子の出来上がり!

ぷくッと膨れた部分が真珠みたいじゃないですか?

IMG_20171118_164607.jpg

こんな感じでどんどん作っていきたいと思います。

でもイケ麺妻はかたくなに日本っぽい作り方をして、普通の餃子を作っていました。だからこんな形のばらばらな餃子ができました。
IMG_20171118_165101.jpg
なんか見た目汚くてすいません。

では包み終わったので、ゆでていきます。沸騰したお湯に餃子を投入!

IMG_20171118_165635.jpg
ゆでるときのコツは、激しく沸騰しだしたら、さし水をすること、そうすることでゆっくりと火が通り、中身と皮の火の通り具合のバランスが良くなるとか、そしてモチモチした歯触りもよくなるとか。

待つこと10分かな~、15分くらいたったでしょうか。ちゃんと時間を測るの忘れました。
ついにゆであがりました!そしてお皿に盛りつけます。

P1000561.JPG
今回は4人で食べるっていうのに7,8人分くらい作ってしまいました。ほら、こんなにたくさん。

ではでは、早速いただきます。

つけダレは、特製の酢醤油に、油でジュワッとさせた唐辛子を混ぜたもの。
P1000565.JPG
それをたっぷりつけていただきます。パクリ

おお~これが手作り餃子。日本の餃子よりも分厚い皮がモチモチでおいしい!そして中からジュワッと肉汁があふれ出し、ネギやショウガの香りで引き締まる。唐辛子の香りを引き出したタレも餃子のおいしさを引き立てます。

うん、やっぱり自分の手で作ったものは特別においしく感じますね。ワイワイ一緒に作るのも楽しいし。

大満足の餃子パーティーでした。

おなか一杯になって、ごちそうさまでした!

<スポンサーリンク>



関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする