「鐘楼(ベルタワー)」

西安の中心に位置する街のシンボル

中国のなかでも最古、最大、保存状態が最高の鐘楼(ベルタワー)です。1384年明王朝の時代に建てられ、時間を知らせたり警報を鳴らすのに使用されていました。その頃は今よりも少し西の方にあったようですが、市街地の変化に伴い1582年に今の位置に移されました。

まさに西安の中心部、東西南北に走る4つの道(東大街、西大街、南大街、北大街)が交わる中心部にドカーン!と建っていて迫力満点です。3階建てで高さは36メートル、縦横それぞれ35.5メートルです。ほぼ正方形の建物ですね。

「中国最古最大規模のベルタワー、西安の中心、おっきい鐘」

そんなワードに魅力を感じるひとは西安「鐘楼」にレッツゴー!

基礎情報
  住所:西安市中心
営業時間:4~10月 8:30-22:00
     11月~3月 8:00-17:30
 休館日:なし
チケット:鐘楼 35元
     鐘楼、鼓楼セットチケット 50元(別々で買うと合計70元なのでお得)
アクセス:地下鉄2号線「鐘楼」駅に直結しています。

鐘楼(ベルタワー)の楽しみ方(執筆中)

鐘楼(ベルタワー)周辺のグルメ(探索中)

鐘楼(ベルタワー)周辺の施設

「鼓楼」:鐘楼から西方向に徒歩5分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする