英語がダメでも安心!武漢の日本語対応スタッフがいるホテルはこちら


出典:タダピク 武漢 黄鶴楼

中国のど真ん中、長江が流れる大都市、武漢。揚子江や東湖、黄鶴楼などの有名な観光スポットがあり、毎年多くの日本人の観光客がおとずれます。

そこで武漢のホテルを予約する方も多いと思うのですが、中国のホテルって日本語はおろか、英語さえあまり通じないホテルが多くて、コミュニケーションに困るの事がしばしば。急なトラブルが起こってスタッフに連絡してもどうにも伝わらないと困ってしまいますよね。

でもそんな時にホテルに日本語ができるスタッフがいてくれたらどんなに心強いことか、、、

ということで今回は湖北省・武漢で日本語対応可能なスタッフのいるホテルを探してみました。

スポンサーリンク

シャングリラ ホテル 武漢

だれもが知る世界のシャングリラです。中国の他の都市に比べても安めの値段設定で、お得な値段で泊まれるシャングリラ!と人気があります。武漢天河国際空港からは25キロ、武漢駅からは18キロほどの場所にあり、空港、駅送迎サービスがあって便利です。

ホテル内には中華料理、西洋料理、日本料理のレストランやカフェがあり、食事に困ることはありません。

「トリップアドバイザー」や「Trip.com」の口コミを見ると

「受付には日本語がしゃべれる女性が居ました。」
「フロントには日本語を話す人もいました。」
「到着の際は玄関で日本人のスタッフの方が出迎えてくれました」

とのこと。常時ではないようですが日本語対応可能なスタッフだけでなく日本人スタッフまでいるようですね。さすがシャングリラ。

他にも実際に泊まったお客さんの声としては、

○なところ
・朝ご飯は、洋食、和食など種類もあり、美味しかったです。
・少し建物が古いけどシャングリラらしいコンシェルジュサービスが受けられます。
・ホテルのサービス一流!申し分なし!また泊まりたいです

×なところ
・部屋のそこここに少々傷みが出てきております。
・バスタブの湯垢が取りきれていなかったのは興ざめでした。

などがあります。建物は少し古いようですが、シャングリラにふさわしいサービス、高級感のあるお部屋を楽しめます。でも浴槽の垢がとれていなかったりと、所々でぼろが出ているようですね。それでもやっぱり10000円ちょっとで泊まれるシャングリラは魅力的です。

長江のほとりにある都市武漢で、優雅な時間をお楽しみください。

「シャングリラ ホテル 武漢」の詳細はこちらから

ドーセット 武漢(Dorsett Wuhan) 武漢麗悦酒店

武漢市内の繁華街にあるホテルで、近くには有名なショッピング街やレストラン街、エンターテーメントスポットがあり観光やショッピング、食事共に便利な立地が魅力です。最近ホテルの名前が「武漢帝盛酒店」に変わったようです。

Trip.comの口コミを見ると

「日本語を話せるスタッフがいて、とても満足でした。」
「1階のフロントには日本語を話せるスタッフもいて、親切に対応してくれました。」

とのこと。日本語対応可能なスタッフがきちんといるようですね。

実際に泊まったお客さんの口コミは

○なところ
・部屋が綺麗で、かつ朝食のビュッフェも種類が豊富です。
・繁華街の中心地にあり、大変便利。外は賑わっているけど、ホテルに入ると嘘のように静かです。
・両替はそこそこのレートでしてくれるので、空港で多額の手数料を取られて両替するよりもお得です。
・ホテルの向かいにもローソンがあり便利。
・ロケーションは最高、買い物、食事にも便利な歩行者天国の中にあります。

×なところ
・朝食は中国のホテルの普通のバイキングで、とくに美味しくはない。
・部屋のグレードによってはバスタブがない

繁華街だと外の音がうるさいのが心配になりますが、ここはとっても静かです。また注意点としてはバスタブはすべての部屋にあるわけではないのでほしい人は部屋にあるかどうか注意して予約した方がよさそうですね。

ビジネスにも観光にもお得な宿泊ができるホテルです。

ドーセット 武漢(Dorsett Wuhan)の詳細はこちらから

まとめ


出典:タダピク 武漢長江大橋

いかがでしたか?湖北省・武漢の日本語対応可能スタッフがいるホテルをご紹介しました。まだまだ数は少ないですが、情報が入り次第どんどん追加していきます。

海外の地で日本語を話せる人に会うと本当に心がほっこりします。皆さんもぜひそんな体験をしてみてください。

この記事の情報は様々なホテル予約サイトに載せられている口コミをもとにしています。武漢旅行を計画の際にはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする