クラブツーリズム「プレミアムステージ」がお勧めな8つの理由

西安に行ってみたいが、一人で行くのは少し気が引ける

でも格安ツアーはどうも好きじゃない、、

という方におすすめなのはワンランク上のゆとりある西安ツアーを楽しめる
クラブツーリズムの「プレミアムステージ」です。

すこしお値段が高めですが、気の利いたサービスや、ゆったりとしたバス移動、こだわりの食事など、格安ツアーにはない豪華特典が盛りだくさんです。

ではクラブツーリズムの「プレミアムステージ」西安ツアーにはどんな魅力があるのかまとめました。

「プレミアムステージ」西安ツアー8つのこだわりポイント

1.バス1台あたりの最大定員22名

観光バスの定員は一般的に45人です。そのバスに最大22人しか乗せない、ということですから二人分の席を独り占めできるということになりますね。これはバスの移動時間はゆったりとできそうです。
それに、バス一台当たりの定員が少ないとホテルや空港のチェックインの時間も短縮でき、待ち時間が短くなる、というメリットもあります。
あの待ち時間がストレスたまったんだよね~という方はうれしいですよね。

2.連泊を基本にしたゆとりの行程

基本的に1都市2泊以上、というゆったり目のスケジュールで動いていきます。
実際に西安を含むシルクロードツアーも、西安、ウルムチ、敦煌に2泊ずつ
毎日荷づくりに追われることもないのが嬉しいですね。

3.各都市スーペリアクラス以上のホテル

ホテルのレベルが保証されています
各都市スーペリアクラス以上のホテル、西安ツアーではデラックス以上が保証されています。

安~いホテルに泊まると、
お湯が出ない!水が漏れた!突然停電した!

なんていうトラブルに合う可能性が高くなるものです。

西安ツアーでは、デラックスホテル以上のホテルが確約されているので、そういうトラブルがほとんどないと思われます。
全くないとは言えません。そういう問題は日本でもたまにはありますからね。
もしそんなトラブルが起こったとしても添乗員がすぐに助けてくれると思いますので、連絡してみてください。

4.こだわりのお食事

食事も地元の名物料理などを取り入れた、バラエティ豊かなメニューになります。写真は火鍋料理のイメージ。

5.ガイディングレシーバーを利用

ツアーではガイドについて、いろいろ説明してくれます。
でもいくらその説明が興味深くても、混雑してたり周りがうるさくて全然声が聞こえないとがっかりですよね。
特に中国の観光地は人が多いしうるさいことが多いです。トホホ、、、です。
でも「プレミアムステージ」の西安ツアーではイヤホン付きレシーバーを使ってガイドの話をはっきりと聞き取ることができます。

6.ツアーディレクターが同行

ツアーディレクター、つまり添乗員が同行してくれる、ってのは当たり前じゃないの?と思うかもしれませんが、ただの添乗員じゃないんです。
お客様満足度90パーセント以上の評価の高い添乗員がついてくれるんです。
クラブツーリズムの口コミなんかでは、「添乗員の質に差がある、いい時もあるけど、よくない時もあった。」なんてコメントしていた人もいたので、確実にいい添乗員さんがついてくれるというのは安心ですよね。
気持ちの良い旅行を楽しむことができそうです。

7.出入国カードを用意してくれる

出入国カードとは、中国に入国するときに書かないといけない黄色い紙です。パスポート番号とか、飛行機の便名とか、泊まるホテルの名前と住所とかそういうのを書かないといけないんですが、けっこうめんどくさいんですよ。
たまに書くのを忘れて、入国審査の時に長い行列の中を抜け出して書きに戻ってまた泣く泣く最終列に並ぶなんてこともありました。
その出入国カードをクラブツーリズムが用意して渡してくれる!っていうんですからほんとありがたい。これは助かる。
って思います。

8.思い出アルバムがもらえる

クラブツーリズム口コミにもありました、思い出アルバムを最後にもらうことができます。
これは家族で一冊ずつもらえます。
旅行が終わった後もそれを見て思い出し笑いなんかして楽しむことができるのでとっても嬉しいプレゼントです。

写真はイメージです。

まとめ

いかがでしたか?
クラブツーリズムの「プレミアムステージ」はなかなか気の利いたサービスが盛りだくさんでしたね。
格安ツアーがあまり好きでない方、お金に余裕のあるおじ様おば様はこちらのツアーに参加されるのをお勧めします。
ちなみに今、クラブツーリズムの「プレミアムステージ」西安ツアーは東京発のみで8日間の旅が、お値段259000円~です。

ちょっとお高いですが、気になった方はこちらからどうぞ!


目次に戻る

↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする