「大雁塔」

紀元前652年、天竺(今のインド)から三蔵法師が持ち帰った経典を収めるために作られた塔。世界文化遺産にも登録され、西安のシンボル的な建物となっています。7階建てで高さは63メートル。中に螺旋階段があり、最上部まで登れます。

三蔵法師といえば、「西遊記」。孫悟空、猪八戒、沙悟浄を引き連れて、いろんな冒険をしながら天竺に行って経典を持ち帰る物語です。みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

大雁塔の前の広場にはアジアでも最大規模の噴水があり、一日に何回か光と音楽の噴水ショーが行われます。これも迫力があって必見ですよ。

「西遊記」「巨大噴水ミュージックショー」「おもしろ銅像」

こんなワードに魅力を感じる人は大雁塔へレッツゴー!

「大雁塔」基本情報:
住所:西安市和平门外雁塔路南端
休館日:なし
チケット価格:大慈恩寺50元/人,大雁塔30元/人
アクセス:地下鉄3号線「大雁塔」駅を降りて徒歩5分

☆大雁塔の楽しみ方

☆大雁塔の歴史(執筆中)

☆周辺のグルメ

タンドリーチキンが魅力のインド料理専店「新德里餐厅」

西安一の接客態度が魅力の火鍋専門店   「海底捞」

☆周辺の観光スポット(探索中)

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする