往復16元で行ける西安・兵馬俑への行き方!鉄道「西安駅」からバスに乗ろう。

西安の代表する世界文化遺産「兵馬俑」への一番一般的な行き方を紹介します。

まずは鉄道の「西安駅」に向かってください。

西安駅の東側(向かって右側)に行くと、兵馬俑行のバスがずらっと並んでいるとこに出ます。

写真を撮ったらちょうどおばちゃんが通りかかって「お~~」ってなりましたが、そのままのせちゃいます。

バスは基本的に3種類あって、「915」「914」「游5(306)」という番号が書いてあります。基本どのバスに乗っても行けますしどれも8元で値段は変わりません。若干通る道が違いますが、どれもそれぞれ途中でいくつかのバス停によりながらゆっくり行く路線バスです。若干「915」が速い気がします。

今回は「游5(306)」に乗りました。

この路線バスがけっこうおもしろくて、途中で小さい町などによるんですが、これがまた都市部と違ってすごい雰囲気あります。中国の格差社会も実感できます。

「兵馬俑!兵馬俑!」と言っている客引きがいっぱいいますが、基本ものすごく高いので気にしなくていいです。でもバスのおばさんたちも客引きと同じくらいガンガンくるので間違えないように気を付けてください。

運賃はバスに乗り込んだ後に現金で払います。係のおばちゃんがお金を集めに来るので渡してください。兵馬俑までの短いバスの旅に出発です!

兵馬俑まではだいたい1時間半の道のり。

バスの中はこんな感じです。席の間隔はけっこう狭いですが、まあこんなもんですね。

兵馬俑の近くはザクロの産地。こんな風に道端で地元のひとがザクロを売っています。兵馬俑でもザクロジュースが飲めますのでぜひお試しあれ。

外の景色を楽しんでいたらあっという間についてしまいます。

バスがついたらすぐ目の前が兵馬俑か!というとそうではありません。

お土産屋さんやレストランが並んでいるので一瞬「えっ、兵馬俑どこ?」ってなるんですが、あせらずこんな看板を頼りに歩いていってください。

まだまだ歩きます。

さらに歩きます。いったい兵馬俑どこにあるの?と思うくらい歩きます。そしてこれを抜けるとケンタッキーが見えて、その向こうにやっと兵馬俑の入り口がみえてくるのです。

私も初めて行ったときは迷いましたので、ぜひあきらめずに兵馬俑にたどり着いてください。

それでは西安の誇る世界文化遺産「兵馬俑」を心行くまでお楽しみくださいませ。

ぺキチン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする