おしゃれでリーズナブルな本格中華専門店「绿茶餐厅」に行ってきました。

中国人のお友達に誘われて、南門広場の近くにあるおしゃれなレストラン、「绿茶餐厅」に行ってきました。

最初レストランの名前を聞いたときは、

「え、お茶を飲みに行くの?おなかすかせてきたのに、、」

と心配になりましたが、行ってみるとちゃんとしたレストランだったので一安心。

もりもり食べれそうです。

ついてみると、、、

なかは間接照明が中心の落ち着いた雰囲気。いい感じですね。お客さんを連れてきたくなる場所です。

メニューはこんな感じ

お店の雰囲気はちょっと高級な感じがしましたが、リーズナブルな価格にびっくり!

「へ~こんなやすいんだ~」

と思わず言ってしました。

注文はお友達に任せて、こっちはただ待つのみです。一体どんな料理が出てくるのか楽しみ~

ということで談笑しながら待つこと10分ほど、、、

まずは前菜がどんどんと運ばれてきました!

おおー、なかなか西安ではお目にかかれないようなおしゃれな前菜たちが出てきた~。

「春菊サラダ」

さっぱり胃を整えてくれる春菊のサラダ

シャキシャキしておいしかったです。

「竹の子のキャンプファイヤー仕立て?」

素材の味を楽しむ竹の子の前菜。

お味はとてもシンプルで素材の味を楽しむ感じ。
なんかここ最近こういうの忘れてた。
ニンニクと唐辛子と油にまみれた世界にどっぷり浸っていたので、こんなにも繊細な味を楽しむ料理があったんだということを思い出しました。

「油麦菜のゴマだれサラダ」

日本にはない野菜「油麦菜」の胡麻和え

油麦菜は日本にはないゴマの香りがほんのりする野菜です。これにはさらにゴマベースのドレッシングがかかっているのでダブルゴマですね。濃厚な味なのにくどくない。ちょっと甘めの味付けが日本人好みで病みつきになります。

そして待ちに待った肉たちも運ばれてきました!

「红烧肉」

甘辛くておいしい「红烧肉」

豚のバラ肉の角煮です。醤油砂糖の味付けお米との相性抜群!日本人の好みにもピッタリです。

「牛肉冷製スライス」

牛肉のスライスを中国スパイスの辛ーい味付けで

れはTHE中国って味と香りでした。おそらく八角などの中国っぽい香辛料を使って煮たものを冷たくしてスライスしたものです。醤油ベースの辛めの味なのでビールに絶対合う味。おいしいです。

「糖醋里脊」

日本人みんな大好き「糖醋里脊」

これは四川の家庭料理としてここ西安のレストランでも親しまれています。
揚げた豚肉をお酢と砂糖を使って甘酸っぱく味付けしたもの。酢豚にちょっと似ていますが、具材は肉のみです。
私ぺキチンもこれまで数々の「糖醋里脊」と食べ歩いてきました。
そのなかでもここの糖醋里脊はちょっと特別な感じで、酸味が少なく甘さが強いです。
ぺキチン的にはもうちょっと酸味がほしいところ。でも間違いなくおいしいです。

そして、本日のメイン料理はこちら。

肉の2種盛り!

肉肉肉!鶏と豚のデュエット

鶏肉と豚肉の2種類が鉄板に盛られているというなんとも贅沢な光景。
味付けは塩コショウが基本でとてもシンプルです。
鶏と豚どちらもジューシーで、圧倒的な肉感を楽しめます。これはガチでおいしかった。今回は人数が多かったので一人少しづつ。ちょっと寂しかったけど次につながるちょうどいい量でした。

ほど良くおなかも満ちてきたところで、最後にデザートです。

これも友人おすすめのピーナッツシャーベット!

おすすめスイーツピーナッツシャーベット!

グラスにでかでかと盛られて出てきます!ちょっと大きさが分かりにくいかもしれませんが、これ、かなり大きいです。一人ではとても食べれる量ではありません。

5,6人で少しづつ分け分けしてちょうどいいくらい。

冷たくて、甘くて、濃厚なピーナッツの香りが香ばしい。中にも粒のピーナッツが入っていて食感もカリカリ楽しめます。

そして冷たいものが嫌ならこちらのプリンもお勧め。

卵たっぷり濃厚プリン!

焼きプリンですね。
本当に濃厚で滑らかです。
中国でこんなにおいしい濃厚なプリンを食べたのは初めて!ってくらいの衝撃でした。
これはあまり大きくないのですがとても濃厚なので、2、3人で分けて食べたらいいかも。

ふ~~。

前菜、肉、デザートまで、绿茶餐厅フルコースを味わえて満足満足。

また来たい!と思えたレストランでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする