【西安】市内観光に一番便利なホテルは西安駅周辺!格安ユースホステル~高級五つ星ホテルまで価格別にご紹介!

西安ー鼓楼.jpg
www.tadapic.com  西安 鼓楼

中国5000年の歴史、最も多くの王朝がその都を置いたのが昔で言う長安、今の陝西省西安市です。そしてすぐ西隣にある咸陽市は今話題の漫画、「キングダム」で秦の都になっていることでも有名です。中国の歴史に興味のある方にはたまらないエリアです。

西安市の観光でどこに泊まったら観光に一番便利か!?それは、西安駅周辺です。なぜなら、兵馬俑や華清池といった世界遺産などは、西安駅から観光バスが出ていて、数百円でいけます。また大雁塔は駅からまっすぐ南に下ればすぐ、城壁もすぐそこです。鐘楼や博物館、回族街などもアクセスがしやすい最高の立地なんですね。

そこで今回は、西安駅周辺にあるおすすめのホテルを、予算別に紹介いたします!評価の高いホテルだけを厳選して紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事では、ホテルのお値段も紹介しています。基本的にバックパッカー向けのドミトリールーム以外は大人二人一部屋で、一部屋分(二人分)のお値段です。日本では一人分の値段が書いてあることが多いので、そこの違いに注意してくださいね。

価格別!西安駅周辺のおすすめホテル

①とにかく安くしたいバックパッカーに!「格安1000円以下のユースホステル」

シーアン 7 セージズ ベル タワー ユースホステル「七贤荘」

西安駅からすぐ近く、清潔感あふれるユースホステルです。徒歩五分の場所にある、地下鉄「五路口駅」も歩いて5分と書いてありますが、実際行ってみると、どちらも10分ほどかかりました。まあ、それでも近いですけどね。

見つけるのにちょっと迷ったという人がいたので実際に行ってみました。。

西安の駅を出て、道をまっすぐ南に向かったらこんな感じでマクドナルドが出てきます。

IMG_6755.JPG
そこを右に、西の方向へ曲がったらずっとまっすぐ。それだけです。すると道の左側にありました。
IMG_6751.JPG
IMG_6754.JPG

部屋は、清潔です。男性専用と女性専用のドミトリーがあるので女性の方も安心して泊まれます。

ちなみに2018年3月3日土曜日で一泊分のお値段は、ドミトリールーム、ベッドタイプお任せ、大人一人朝食なしで662円です。安いですよね。

この宿にとまった人は

○なところ
・今まで見た中で最も美しいホステル
・スタッフは英語がとても上手
・値段と立地を考えれば、非常にお得だと感じました。
・静かで落ち着いて過ごせました。
・立地の良さ・お洒落な伝統建築・併設するカフェ&バー・英語スタッフなどとてもとても居心地のよいユースでした。

×なところ
・「七賢」という名称のユースホステルが西安に2軒あるので要注意!

こんなレビューをしています。

食事は併設の中華レストランやカフェでおいしい料理が食べられます。ほかにも、ここから駅までの道にはたくさんレストランがありましたので、いろいろ試してみても面白いですね。

IMG_6756.JPG

周囲散策はレンタル自転車が便利ですよ。

ここを拠点に西安を遊び倒しちゃってください。

西安七贤钟楼青年旅舍(シーアン 7 セージズ ベル タワー ユースホステル)が気になった人はこちらからどうぞ

②まあまあのホテルにとまりたい、という方に!「5千円前後のホテル」

グランドソリュクスインターナショナルホテル西安 
IMG_6750.JPG
西安駅から徒歩三分の便利な場所にある中国資本の5つ星ホテルです。5千円クラスで5つ星ホテルに泊まれちゃうなんてびっくりですよね。さすが西安。

ほんとに西安駅の近くで、まっすぐ南に向かうとすぐ見つかります。実はこのホテルが鉄道駅からも地下鉄の駅からも近くて一番便利だったりします。

漢字で「西安陽光国際大酒店」という名前です。

お部屋は清潔感があり、高級感もあります。さすが五つ星です。
ちなみに2017年8月26日土曜日で一泊分のお値段は、最安二人一部屋朝食なしで一泊4602円でした。朝食付きだと5397円になります。五つ星がこの値段で泊まれるのはすごいですよね。朝食は西安のおいしい料理が食べれると評判なので、朝食付きがおすすめです。
この宿にとまった人の声としては

○なところ
朝食は、五つ星だけあっておいしいし、地元料理を食することもできました。
・ホテルの周りには地元の売店などがありビールも簡単に調達できました。
・西安駅から徒歩3分程度とわかりやすい場所です。
・館内は大変清潔で汚いところはありませんでした。

×なところ
・最悪です。シャワーはお湯が出ないし臭いし、安いのには理由がある。

などのレビューがあります。

たまにはずれのお部屋があるんですね。。。はずれに当たったら部屋を変えてもらうこともできると思いますので言ってみましょう。
施設内には、カラオケ、ビリヤード、卓球、ジム、などの楽しめる施設がいっぱい!疲れたらスパやマッサージで、ゆっくり疲れをいやしてください。
食事も中華と洋食のレストラン、カフェもあるので選択肢は多め。でも実際はホテル内のレストランは無駄に高いことが多いので、夕食は外に繰り出しましょう。

夜はラウンジバーでしっとりとドリンクでも飲みながら一日を振り返ってみてはいかがでしょうか。

予約はココから⇩「グランドソリュクスインターナショナルホテル西安」で検索!

③ちょっと贅沢にいきたい方に!「1万円前後のホテル」

グランドメルキュール オン レンミン スクエア

参照元:https://www.tripadvisor.jp

 西安駅から1キロ、歩いて10分ほどの場所にある老舗の5つ星ホテルです。高級感と古都である西安の歴史的な雰囲気を感じることができます。近くには大型ショッピングセンターもあって、買い物や食事などに便利です。

お部屋は清潔感がありつつ、ちょっとクラシックな感じでいい味出してます。さすが歴史ある5つ星ホテルです。

ちなみに2017年8月26日土曜日のお値段は、二人一部屋、朝食なしで一泊9659円でした。朝食付きは10582円です。朝食はフルーツなどの種類も多くおいしいと評判なので朝食付きがおすすめですね。

泊まった人たちの声としては、

○なところ
・ホテル自体は古いですがゆったりした時間が、流れてました
・朝食の種類が豊富で、ジュースもいっぱいあって、どれもおいしかったです
・サービスは良かったです。皆親切でした。
×なところ
・英語を話せるスタッフは限られています
などがあげられています。

ホテル内には、プール、マッサージ、フィットネスジム、スパなど、遊んでリフレッシュできる設備が整っていますよ。隣のソフィテルホテルの施設が使えます。泊まった人はプールやジムが無料で使えるのもうれしいですね。スパは有料みたいです。

食事はホテル内の中華レストラン、洋食レストラン、和食レストランの中から選べます。ホテル内の食事はけっこう高いので、外のショッピングセンターやレストランで食べると、だいぶリーズナブルになりますよ。

グランドメルキュール オン レンミン スクエアはこちらから

④思いっきりリッチにいきたい方に!「2円以上のホテル」

ソフィテルレジェンドピープルズ グランドホテル西安

参照元:https://www.tripadvisor.jp

最後に紹介するのは、ソフィテルグループの高級ホテル「ソフィテルレジェンドピープルズグランドホテル西安」です。先ほど紹介したメルキュールのすぐ隣にあるので、予算に余裕があったらこちらをお勧めします。西安で最高級のホテルですね。

お部屋は、おしゃれで高級感があります。

ちなみに2017年8月26日土曜日で一泊分のお値段は、二人一部屋朝食付きで一泊30240円でした。西安ではこのくらいの価格帯のホテルはもう数えるほどしかないので、特別感を味わっていただけます

泊まった方の声としては、、
○なところ
・申し分のないサービス。 最高のホテルのスタッフ
・ロケーションは城内のほぼ中心でどこに行くにも便利
・クラシックな建物の独特な雰囲気は新築ホテルにはない贅沢感があります
・夕方のハッピーアワーにはスナック等が無料で楽しめました
×なところ
・シャワーブースの水が外に漏れるのは改善すべき点。
などのレビューがあります。

施設内には、レストランでは中華、イタリア料理を提供するレストランがあり、屋外テラスもあります。優雅でリッチなディナーを楽しめると評判ですよ。一日の終わりには、ラウンジバーでお酒をいただくのもおすすめです。

屋内プールやマッサージ、ビューティーセンターなど豊富な設備も完備しているので、ホテル内でゆったりと楽しむこともできちゃいます。

西安最高級のホテルで特別な時間をお過ごしください。

ソフィテル レジェンド ピープルズ グランド西安はこちらからどうぞ!


★いかがでしたでしょうか?

西安で観光するなら一番便利!西安駅周辺のおすすめホテル!格安から高級ホテルまで、価格別でホテルを紹介させていただきました。滞在したお客様の貴重な意見である口コミレビューをもとにしていますが、これからホテルを決める方がいらっしゃいましたら、是非参考にしてください♪
紹介したホテルはすべて下のバナーから入っていただき、予約をすることができます。
気になる方はこちらの記事もご覧ください。

西安のホテルをお得に賢く予約する方法。踏むべき3つのステップとは?

賢く選んであなたもお得な旅を楽しんじゃってくださいね。

30日間で、あなたの中国語をペラペラにします【SpeakMandari】


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする