台湾・九分のおすすめホテル!3000円以下格安~価格別で紹介します!

台湾 九分.jpg

親日でさくっと行けちゃう異国の地台湾。

中でも九分地区は、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の世界観が楽しめると、日本人に大人気のスポットですね。

でも【九分】にはどんなホテルがあるんでしょうか?

そこで今回は、【九分】に旅行する方におすすめのホテルを予算別に、紹介いたします!

評価の高いホテルだけを厳選して紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ホテルのお値段も紹介していますが、基本的にバックパッカー向けのドミトリールーム以外は大人二人一部屋で、一部屋分(二人分)のお値段です。日本では一人分の値段が書いてあることが多いので、そこの違いに注意してくださいね。

どんなホテルがあるのか早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

①とにかく安くしたいバックパッカーに!「格安3000円以下のユースホステル」

<オン マイ ウェイ ジウフェン ユース ホステル> 

九分の名物老街のど真ん中にある最高の立地のユースホステルです。

ドミトリールームは、男女共用の6ベッドルームと、女子専用の10ベッドルームがあります。女性も安心ですよね。

この宿にとまった人は

○なところ
場所がとても分かりやすくてすぐに見つかった
オーナーは口数は少ないけどいい人だった!
オーナーが宿泊者たちを募って、夜景を見に連れて行ってくれた
サービスもいいし、静かで衛生環境も問題なし!
老街の中で立地が最高
×なところ
公共スペースでちょっとにおいがあった。

こんなレビューをしています。

設備としては、ドライヤー、バスルーム、Wi-Fi、などがそろっています。

バスアメニティがないので自分で用意する必要がありますね。無料の朝食がついたり、公共スペースではコーヒーやお茶なども飲めます。

ほかのバックパッカーとの交流もできて楽しいですよね。

食事は老街に出ればいっぱいあるので心配ありませんね。

ココを起点に九分地区を遊び倒しちゃってください!

「オン マイ ウェイ ジウフェン ユース ホステル」の詳細はこちら

②まあまあのホテルにとまりたい、という方に!「5000円前後のホテル」

<フェン ツァイ B&B> 

九分老街からほど近くにあるB&Bです。

宿泊と朝食を提供してくれます。屋上からの景色が絶景!と人気ですよ。

お部屋は原色がまぶしく、元気が出そうです。

ちなみに2017年9月9日土曜日で一泊分のお値段は、最安二人一部屋朝食込みで一泊6640円でした。
この宿にとまった人の声としては

○なところ
九分老街から近く、交通が便利。阿妹茶樓にすぐつける
オーナーがとても親切
屋上から見る夜景は最高だった
内装が個性的

×なところ
建物がちょっと古めだった

などのレビューがあります。
レストランはなく、簡単な宿泊設備だけなので、食事は外で済ませてくださいね。屋上からの最高の景色をどうぞ!
「フェン ツァイ B&B」

<チウ チュン ディン イン>

こちらも九分老街を入ってすぐ近くの便利なり地位が魅力の宿泊施設です。

セブンイレブンの横の通りから2、3分奥に進むと到着です。大きな看板に「九重町」と書いてあるカフェの上にあります。

上の階のお部屋からは素晴らしい景色が楽しめますよ。

浴室の浴室暖房機、電気ポット、空気清浄機など全て日本製のものが使われていて安心です。

お部屋のベッドは、お姫様ベッドみたいでテンション上がります(笑)景色もよさそうです。
この宿にとまった人の声としては


○なところ
目立つところにあってすぐに見つかりました。
コンビニが近くにあって便利でした
階段しかないが、荷物をもって上がるのをスタッフの人が手伝ってくれた。
スタッフの皆さん親切で、部屋の眺望も最高でした。
部屋がとても魅力的だった

×なところ
防音があまり考慮されていなかった
テレビの画質が悪かった

などのレビューがあります。

ホテルの一階がカフェレストランになっていて、食事を近くで済ませたい方は便利です。

料理やデザートのメニューも結構豊富で充実しています。

メニューは日本語も書いてあるので助かります。さすが親日の国ですね。

「チウ チュン ディン イン」の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

台湾・九分に行くなら是非おすすめ!価格別でホテルを紹介させていただきました。

これらの記事はホテル予約サイト「Ctrip」、「ホテルズコンバインド」「トリップアドバイザー」などに乗せられたお客様の貴重な意見である口コミレビューをもとにしています。これからホテルを決める方がいらっしゃいましたら、是非参考にしてください♪

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする