EMSの追跡番号が反映されない!(中国)3つの理由と対処法をご紹介します。

Amazonなんかで買い物をして、中国からEMSで発送されることってありますよね。

でも追跡番号があって「発送されました」となっているのに、検索できない!ということがよく起こっています。

どうしよう!だまされた?と不安に思う方もいるのではないでしょうか?

でもあわてないでください。追跡できないのにはきちんとした原因があるのです。

それは中国の郵便事情を知らないと理解できないのですが、それを知っておくと、追跡ができなくても不必要にドキドキハラハラしないで済みますよ。

ということでこの記事では、EMSの追跡ができない原因とその対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

EMSが追跡できない原因とは?

販売店から発送したという連絡があったのに追跡ができない原因は3つあります。

①まだ中国の郵便局に渡っていない。

②発送代理店で止まっている。

③中国郵便に渡ったのにまだ登録がされていない。

です。一つずつ見ていきましょう。

①まだ中国郵便に渡っていない。


出典:タダピク

「発送しました」と連絡があったのに中国郵便に渡っていないというのはどういうことでしょうか?

まず「中国からのEMS」で届くと聞くと、届くまでのルートはこんなイメージだと思います

販売店 → 中国の郵便 → 日本の郵便 → あなた

でもこれが中国では違うんです。

でも中国の場合、販売店と中国郵便の間に「発送代理店」というものが存在します。

なので中国からのEMSのルートは、

販売店 → 発送代理店 → 中国の郵便 → 日本の郵便 → あなた

となります。まずこれを覚えておいてください。

この「発送代理店」とは販売店の近くにあって、中国の郵便局へ引き渡す荷物をまず集めてから中国郵便に渡す、という業者です。

中国郵便と提携した小売店みたいなものですね。

そしてここがポイントなんですが、販売店が発送代理店に引き渡した時点ではまだ中国郵便の荷物として登録されず、追跡番号も反映されない、ということ。

中国郵便の本部に渡って初めて荷物が登録され追跡が可能になります。

でも販売店からしてみたら発送代理店に渡した時点で発送は完了した、という認識なので発送完了の連絡がこっちに来ます。

こういう理由があって、販売店からは発送したという連絡があったのに追跡ができないという状況が生じてしまうんです。

そこで気になるのは

発送代理店から郵便局へ渡るのにどれくらいの時間がかかるのか?

ということですよね。

発送の連絡から1週間や2週間が過ぎたのにまだ検索できないこともあるので焦る人もいると思います。

それは次の理由が関係しています。

②発送代理店で止まっている。


出典:タダピク

発送代理店で荷物が止まっている、実際にはここが一番の問題です。

発送代理店は、荷物を受け取ってもすぐには郵便局に荷物を届けません。

それには彼らなりの事情があるのでしょうが、一番の理由は、お金ですね。

彼らとしてはその中間のマージンでお金をとっているので荷物を1個づつ郵便局に持っていくよりは、一気にドバっと持って行った方がまとまったお金になりますし、効率もいいです。

そうなるとある程度まとまったにもつが集まってから郵便局に届けるので、その間時間がかかるということなんです。

中国では、日本のようにより早く安全に荷物を届けてお客さまの信頼を勝ち得よう!という思考はまだまだ浸透していないのが現状です。

サービスの質よりも効率よくお金になる方法を選んでしまうんですね。

そういう訳で発送完了の連絡語でも1週間も2週間も、荷物がたまるまで発送代理店で止まってしまうことがよくあります。

③中国郵便に渡ったのにまだ登録がされていない。

中国郵政に引き渡してからもあなたの荷物がすぐにデータに登録されるとは限りません。

多くの発送代理店が一気にたくさんの荷物を持ってくるのでデータの登録にもある程度の時間がかかることが考えられますよね。

以上の3つの理由があって、発送の連絡があってもまだ追跡できないという状況が生じてしまうわけです。

ではどうやって対処したらいいのでしょうか?

EMSが追跡できない時の対処法は?

もうこれは基本的には一つしかありません。

気長に待つ

です。

追跡できなくても、荷物が紛失したわけではないと信じて気長に待つほかありません。

販売店に連絡したところで、彼らも追跡できないのですからあまり意味はありませんし、なんせ相手は中国人のことが多いのでコミュニケーションに困りますよね。

発送代理店についても同じことが言えます。

ということで気長に待ちましょう。

ちなみに中国の国内で荷物が紛失する、という事象はみなさんの想像よりも少ないと思います。

私ぺキチンもこれまで7年ほど、中国国内の中国郵政をはじめとするいろんな宅急便を使ってきましたが、一度も荷物の紛失はありませんでした。意外にしっかりしていますよ。

まとめ

いかがでしたか?

中国からのEMSが追跡できない時の理由と対処法をご紹介しました。

対処法なんて言っても気長に待つっていうだけじゃん!って感じた方も多いと思います。

でも、何も知らないでハラハラしながら待つのと、中国の郵便事情を理解したうえで気長に待つのとでは気持ちがずいぶん違うのではないでしょうか?

あなたの荷物は待っていればきっと届きますので、もうちょっとの辛抱です。

頑張ってお待ちください。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする