中国・上海旅行でlineやTwitter、Instagramを使う5つの方法!

上海を含む中国全土ではネット規制が厳しく、多くの国外のサービスが使えなくなっています。

lineやFacebook、Instagram、Twitter。

さらにはGoogleやヤフーの検索機能まで使えません。

グーグルマップも使えないので、道に迷ったときに困ってしまいますよね。

ではどうしたらいいの?

とお困りの方に、上海旅行で中国・上海旅行でlineやFacebook、Instagramを使う5つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

方法1 香港の4GSIMカードを用意する

・シムフリースマホを持っている

・ホテル以外でも自由にネットを使いたい。

そんな方におすすめなのが香港のSIMカードを買うという方法です。

香港と中国国内対応のSIMカードは香港経由のネット接続になるため、普通に国外のサービスが利用可能です。

Amazonやヤフーで7日間使えるカードが1000円ちょっとで売っていますので、参考にしてください。

でもこのSIMカードを使うには、SIMフリースマホが必要です。ソフトバンクなどと契約しているスマホでは使えませんので注意してください。

SIMフリースマホでもバンドが対応しているかを確かめる必要があります。

最近何かと話題のファーウェイなどの中国・香港系のSIMフリースマホであればまず問題はないでしょう。

このSIMカードやSIMフリースマホに関してさらに詳しい情報はこちらの記事で説明していますので興味があったらご覧ください。

中国でline,facebook,twitter が使えるsimカードとスマホはこれ!」

中国国内でGoogleをはじめ、Twitter, LINE, InstagramなどのSNSが使えるおすすめのSIMカードはこちらです↓

おなじシリーズで、容量が多かったり、使える日数が長いものもありますので、必要に合わせて選んでください。

方法2 有料のVPNをタダで使う

・ホテルや公共の無料Wi-Fiでしかネットを使わない

という方におすすめなのが「VPNを使う」という方法です。

VPNというのはご存知の方も多いとは思いますが、中国にいながら外国のネットに直接つなぐことができるサービスです。それを使うことで中国のネット規制を突破することができます。

VPNには有料のものと無料のものがあります。

タダで使えるんならただの方がいい、と思われるかもしれませんがちょっと待ってください。

無料のVPNは全てではありませんが多少リスクがあります。

例えば「紛らわしい広告が表示される」「ウイルスに感染する危険」「ネット閲覧の情報を横流しされていたりする」などです。

詳しくはこの記事で紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

「危険な無料VPN大公開!押さえておくべき3つの特徴や収入源、危険性とは?」

そういった理由もあって、セキュリティー上の問題も対策がバッチリとられている有料のVPNがおすすめなんです。

でも数日の旅行のためにVPNをお金出して使うのはちょっとね

VPNなんて使ったことないしいきなりお金を出されても

なんて思う方も多いと思います。

そこでおすすめしたいのが、有料VPNの無料お試し期間です。

無料お試し期間とは何か。

有料のVPNのサービスはだいたいどこの会社も無料のお試し期間というものがあります。

とくに中国で使うとなると、本当にきちんと使えるかどうか試してからお金を払いたい、という方が多いからです。

そのお試し期間というのが結構長くて2か月間も無料で使えちゃうところもあるからびっくりです。

2か月もあれば多少長めの旅行でも十分ですよね。

その無料で使えるお試し期間を利用して有料級の安全で高速なVPNを使っちゃってください。

そしてこのサービスは中国国内からでも申し込み、ダウンロードが可能です。

おすすめは「セカイVPN」という日本の老舗VPNサービス。

無料お試し期間が2か月あります。

日系VPNサービスの中でも群を抜いた安定感で、ネットの速度もまあまあです。

また日本語サポートが受けられるので初めて使う方も安心ですよね。

使い方は、とても簡単です。

興味のあるかたはセカイVPNの公式ホームページで詳細をご覧ください。

でも、ですよ。

どうしても、無料のVPNアプリを使いたい!

もしでもなんか有料のものを申し込むのはなんか不安!

という方は、手軽に使える無料のVPNアプリもご紹介しておきます。

安全を保障することができませんが、口コミの評価が高くて、中国でもちゃんと使えるものといえば

「VPNネコ」というVPNがおすすめ。

わたしも実際に使ったことがありますし、変な評判もいまのところ聞かないので大丈夫かと思います。

VPNネコ

VPNネコ

Stone Studio Co., Ltd.posted withアプリーチ

アプリをダウンロードして簡単な設定をするだけで使うことができますので試してみてください。

「VPNネコ」の使い方はこの記事で紹介していますのでどうぞ。

「【2019年】無料アプリ「VPNネコ」の使い方と危険性!中国でも繋がるの?」

方法3 VPN付きのレンタルWi-Fiを利用する。

・SIMフリーのスマホを持っていない。

・でも屋外でいつでもネットを使いたい。

そんな方におすすめなのが、レンタルWi-Fiのサービスです。

携帯型のWi-Fiを持ち歩くことでいつでもどこでもネットが使えます。

でもそれだけだと国外のサービスを使うことはできないので、それにVPNプランを付けることで解決できます。

海外用レンタルWi-Fiと言えばとりあえずこの2つから選べば間違いありません。

<グローバルWi-Fi>

一つ目は「グローバルWi-Fi」。株式会社ビジョンが運営する、海外WiFiルーターのレンタルサービスです。



<イモトのWi-Fi>

こちらも業界大手の海外用モバイルデータ通信レンタル「イモトのWiFi」です。


ちなみにですが、「3泊4日の旅行」で「VPN付きプラン」の両社のレンタル料金を比較するとこんな感じになります。

・グローバルWi-Fi
合計金額:5206円
ネット速度:4G
ネット容量:250メガバイト
VPN/1日:400円くらい
受渡手数料:無料

・イモトのWi-Fi
合計金額:6956円
ネット速度:4G
ネット容量:500メガバイト
VPN/1日:300円
受渡手数料:500円

こう見るとグローバルWi-Fiの方が割安ですね。参考にしてください

↓「グローバルWi-Fi」の詳細はこちらから
海外専用グローバルWiFi

↓イモトのWi-Fiの詳細はこちらから
海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

方法4 外資系のホテルのWi-Fiを使う

これはあまり知られていない方法ですが、中国国内のホテルでもlineが使えるホテルがあります。

全てかどうかは確認していませんが外資系のホテルで海外からの宿泊客が多いホテルでは、使えることが多いようです。

もし近くに外資系のホテルがあるなら探してみるといいかもしれません。

ロビーなどで無料のWi-Fiにパスワードなしで接続できることもあります。

でもこれは確実ではないですので最終手段と考えていただければと思います。

方法5 代わりのアプリを準備する

もし前もって準備の時間に余裕があったら、lineやGoogleなど、中国では使えないサービスの代用アプリをダウンロードしておくのも一つの手です。

中国国内でも使える「SNSアプリ」「地図アプリ」「検索エンジン」

をいくつか紹介します。

SNSアプリ-LineやInstagramの代わり

例えば、lineなどの日本の家族や友達との連絡は「We chat(微信)」を使えます。

「スマホに日本でダウンロードしてアカウントを取得し、連絡先をしておく」

という手間がかかりますが、中国版のSNSを使うこともできます。

画像や動画の投稿機能もありますので、みんなに中国旅行の様子を見てもらうことも可能です。

WeChatの画面をちょっとだけ紹介します。最初から日本語表示ですし、使いやすいです。

WeChat

WeChat

WeChat無料posted withアプリーチ

地図アプリ ー Googleマップの代わり

地図アプリも迷子になった時にあると便利ですよね。

中国でおすすめなのは「百度(bidu)マップ」です。

百度(Baidu)は、中国のGoogleのような会社で、中国国内の検索エンジン市場では最大のシェアを占めています。

なので、GoogleMapの中国版である「百度地図」が大活躍します。今いる位置から目的地を設定し、最短で行ける方法を教えてくれますし、バス、地下鉄、タクシー、自転車、徒歩など、方法別で調べることができるので、とっても便利です。

中国で人に道を聞くときは、このアプリを使うと表示が中国語ですし、伝わりやすいですよ。

「百度地图」の使い方を一部ご紹介します。

百度地图-智能导航路线规划旅游出行

百度地图-智能导航路线规划旅游出行

Beijing Baidu Netcom Science & Technology Co.,Ltd無料posted withアプリーチ

検索エンジン-GoogleやYahoo!の検索の代わり

なにか調べものをしたいときにGoogleやYahoo!の検索が使えないと困ってしまいます。

そんな中、中国国内でも表示スピードが速く便利な検索サイトがありますので、それを準備しておくといいと思います。

個人的に一番使いやすいのは「Bing」です。

でもBingにはいまのところアプリがないのですが、トップページをスマホのホーム画面に貼り付けることでアプリのように使えます。

そこで、日本にいる間にスマホのインターネットのブラウザで「Bing」のトップページを開いておいてスマホのホームに設定しておくと、すぐに検索サイトが開けてとても便利です。

ここで「Bing」のサイトをホーム画面に設定する方法をご紹介します。

今回はiPhoneでやっていますが、Androidでもできますので、やってみてください。

こんな感じで、中国国内でも使えるアプリやサービスを準備しておくと、いざ何か調べたい!となった時にも安心です

参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

中国・上海旅行でlineやFacebook、Instagramを使う5つの方法をご紹介しました。

・SIMフリースマホを持っていれば香港のSIMカードを使うのがおすすめ。

・持っていなければVPNかレンタルWi-Fiもご検討ください。

・代用のアプリも参考にしてください。

みなさんの楽しい中国旅行の手助けに少しでもなったらと思います。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする