初めての西安観光モデルコース「2日目」~ぺキチン流~

この記事では、西安マニアの日本人ぺキチンが、西安での観光を2日間でできるだけ楽しむ、無駄のないベストプランを紹介しています。

厳選した観光スポットや私ぺキチンの個人的な好みもちょっと混ざったマニアックな楽しみ方も含めてご覧ください。

西安観光に一番便利なエリアのホテル一覧はこちら

「おすすめの西安観光モデルプラン1日目」はこちら

それでは観光二日目いってみましょう!

スポンサーリンク

西安観光モデルコース2日目

2日目は6つのスポットを回ります。

けっこう盛りだくさんの内容っぽいですが、スポット自体はけっこう密集しているのでゆったりペースでも行けますよ。

だいたいのコースはこんな感じになります。

二日目.jpg

⓪ホテル→①南門・②城壁

ではまずはホテルを出発して、西安の地下鉄に乗りましょう!

地下鉄「五路口」駅が近くにあります。まず「北大街」駅まで行き、2号線に乗り換えて「永宁门」でおりればそこが南門です。永宁门というのが南門の正式名称みたいです。

「南門」の楽しみ方

城壁に行く前に、南面の外側にある城壁公園を見に行きましょう。

そこではエネルギッシュなおじいちゃんおばあちゃんに出会えます!鉄棒で懸垂したり、発声練習をしたり、卓球でスマッシュをかましていたり、その光景はまさに中国雑技団のそれです。中国ならではのスーパーおじいちゃんたちに会いに行きましょう。

そして、地下鉄の駅に戻って、A1かD1の出口からでたら南門前の広場に出ます。

そこが城壁の南の入り口、「南門」です。チケットを買って、中に入ってください。

【城壁(南門)】

朝の9:30に間に合うようにいけば、ここで兵隊さんの「開城の儀式」ショーを見ることができますよ!ショーを見終わったら城壁に上りましょう。

「城壁」の楽しみ方

城壁では普通に歩いくのもいいですが、おすすめはレンタル自転車です。

ちょっとでこぼこした路面ですが、ゆったりと自転車に乗ると気持ちがいいですよ。できれば城壁一周しちゃってください。歩くと4分の1でもすごい疲れます。

春節の時期になると、城壁のうえはものすごいにぎやかになります。自転車では走りにくくなりますが、面白いのでお勧めです。
料金(2019年2月現在)
城壁入場料  54元
レンタル自転車(2時間) 一人用:45元 二人用:90元

③魏家凉皮

城壁を一周したら、また南門から下に降りて、鐘楼のある中心部に歩いていきましょう!
その途中に、西安に来たら絶対にいってほしい昼食スポットがあります。それが「魏家凉皮(ウェイジャーリャンピー)」。中国全土にあるチェーン店ですので、実力は保証されています。

「魏家凉皮」楽しみ方

凉皮(りゃんぴー),肉夹馍(ろうじゃーもー)の西安セットをぜひご賞味ください。

ほかにも、「麻辣米线(まーらーみーしえん)」、辛いのが苦手な人は「三鲜米线(さんしえんみーしえん)」もおすすめ!ここでガツンと西安の味を楽しみましょう。

④鐘楼

食事がすんだら引き続き北方面へ歩いていきます。

すぐに西安のシンボルマーク「鐘楼」が見えてきます。

皆さんだいたい鐘楼はどこかな~と迷うんですが、地下街に入り口がありますので、そこから中へ入れます。

DSCF4968.JPG

「鐘楼」の楽しみ方

中では西安の伝統的な楽器の演奏があったり、おもしろ土偶があったり、西安市の中心ならではの景色が楽しめます。

伝統的な変わった形の笛が売っているので、試しにふいてみるのも面白いです。くちをつけずにふけるので安心してください。

音を出すのがけっこう難しいですよ。

⑤鼓楼

鐘楼を楽しんだら、また地下街を通って西の方へ進みましょう。

スターバックスやハーゲンダッツのあるちょっとおしゃれな通りを進むと、前方に「鼓楼」が見えてきます。この通りには絹のスカーフが格安で売られているので、お土産にもお勧め。

着くとすぐ目の前に切符売り場と入り口があるので、そこで切符を買って中へ入りましょう。

「鼓楼」はその名の通りですね。たくさんのでっかい太鼓があります。

DSCF4970.JPG

「鼓楼」の楽しみ方

太鼓をたたくポーズで記念撮影しちゃいましょう!

恥ずかしがっては始まりません。旅の恥はかき捨てです。笑

⑥イスラム街

「鼓楼」のすぐ北側から、西安を代表するグルメストリート「イスラム街」が伸びています。

「イスラム街」の楽しみ方

ここで食べ歩きを楽しんじゃいましょう。

手羽先ご飯(10元)、小籠包(せいろ一つ10元~)、牛肉や羊肉の串焼き(10元)などなど、おいしそうなものがいっぱいあるので。よだれが垂れっぱなしです。

ここではお土産も買えます。西安トランプ、兵馬俑の置物、クルミ、特製梅ジュース、などおすすめがいっぱいあるので、別記事で紹介しますね。

⑦ホテルへ

「イスラム街」で食事と買い物、異文化交流を楽しんだら、ホテルへ帰りましょう。

帰り方はいくつかありますが、おすすめは、「まず鐘楼まで戻ってそこからタクシーで帰る」コースです。

そうすると、途中に夜の鐘楼を見ることができるからです。昼間とはまた違った表情で、ライトアップされてきれいで、これは一見の価値アリです。

実際、昼間よりも夜のほうが人が多くて、みんな夜のほうが好きみたいですね。記念撮影もお忘れなく!

鐘楼で記念撮影したらホテルに帰りましょう。

タクシー、地下鉄、バスどれでも行けますので、お好きな方を選んでください。

〇一番のおすすめはタクシー

ホテルまでは9、10元で行けるのでそんなに高くはないですし、一番早いです。中国語ができなくてもホテル名を書いた紙を見せれば行ってくれるはずです。

〇地下鉄
地下鉄2号線「钟楼」駅から乗って、すぐ次の駅「北大街」駅で1号線に乗り換えて、「五路口」駅で降りてください。

〇「バス」 
西安の駅近くにホテルをとっているなら、鐘楼の北東の角からホテル方向のバスが出ていますのでここから「4」番のバスに乗って「五路口」駅で降りると便利です。

「鐘楼」にはそれぞれの東西南北それぞれの角にバス停があって、それぞれ違う方向にバスがでていますので、間違えないように気を付けてください。

バスにはそれぞれ運航時間があって、8時以降はどんどん少なくなっていきますので、夜10時くらいになるとこのバス停では4番くらいしか運航してません。

二日目の予定は以上になります。

一日お疲れさまでした!

まとめ

いかがでしたか?

2日間で西安のおすすめスポットを無駄なく回るモデルコースをご紹介しました。

西安で食べてほしいグルメもしっかり詰め込みました。

西安に初めて来られる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事


↓ポチっと応援くれるとまた頑張れます
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする